活動記録
 
 
設立総会 開催日:2001年2月18日(日)
場 所:輪島市文化会館 大ホール
 1.開会
 2.発起人代表挨拶(経過報告)
 3.議事
    1.議長選出
    2.会則の承認
    3.役員選出
    4.事業計画・収支予算の承認
 4.来賓祝辞
 5.記念事業発表
 6.閉会
 
 
設立記念事業
山本寛斎講演会
開催日:2001年2月21日(水)
場 所:輪島市文化会館 大ホール
 
「人間讃歌」
 
=== 山本寛斎“寛斎流プロデュースの世界” ===
 
 
 時 2001年2月21日(水) PM6:30開場  PM7:00開演
 所 輪島市文化会館 大ホール
入場料 無料
問合せ 能登國青年協議会 0768−23−1177
 催 能登國青年協議会
山本寛斎
山本寛斎(やまもと かんさい)プロフィール
デザイナー/プロデューサー
1944年生まれ。
 
1967年、ファッション界の芥川賞と言われる「装苑賞」受賞。既成概念を突き崩すアバンギャルドなファッション・デザインは、時代に敏感な若者から圧倒的な支持を獲得。71年には、ロンドンにおいて日本人として初めてのファッション・ショーを成功させ、世界の舞台に踊り出た。これ以降、デビッド・ボウイ、エルトン・ジョン、スティーヴィー・ワンダー等との交流が始まる。74年パリ・コレクション、79年ニューヨーク・コレクションへの参加を経て、パリ、ミラノ、ニューヨーク、マドリッド等、世界の主要都市に「ブティック寛斎」をオープン、ファッション・デザイナーとしての地位を確立。
 
一方、異色のキャストの起用や大胆かつ大掛かりなステージなど、ファッション・ショーの概念を超えた個性的なイベントを通して、人間のエネルギーの強さ、素晴らしさを表現し続けてきた寛斎は、デザイナーとしての枠に留まることなく、イベントという新たな表現形態で世界に挑戦することを決意。93年ロシアで実現されたスーパー・ショー「ハロー!ロシア」は、モスクワ・赤の広場における第2次大戦後最大のイベント(12万人動員)という快挙を成し遂げた。続く95年にはベトナム社会主義共和国・ハノイ市レーニン公園のバイマウ湖上にて「ハロー!!ベトナム」(動員20万人)、そして97年にはインド・ニューデリーのネールスタジアムにて、「ハロー、インディア!」(動員5万人。このショーの模様は、スターTVを通じアジア54カ国で放映された)を開催。「人間讚歌」をテーマに国と国、人と人との交流を目指したこれらのショーは、いずれも、各国における最大級のイベントとして観衆の絶大なる支持を集めると同時に、国際交流への大いなる貢献として絶賛された。
 
2000年8月には、これまでの海外での活動の集大成ともいえるスーパー・ショー「ハローージャパン・ハロー21・インぎふ」を岐阜市・長良川競技場(動員5万人)にて開催。続く2001年、7月14日〜9月30日に開催される山口県21世紀未来博覧会「山口きらら博」では、メイン会場<テーマ館>プロデューサーとして、従来の博覧会の概念を打ち破る世界規模のスーパー・イベントの総指揮をとる。
 
「ファッション・エディターズ・クラブ賞」受賞
「東京ファッションデザイナー協議会」設立幹事
「第7回 日本イベント大賞 審査員特別賞」受賞
「ロシア国際人道救助協力基金」海外顧問
「第7回 東京クリエイション大賞 国際賞」受賞
 
 
第1回定例会 日 時:2001年5月11日(金)午後6:00〜午後8:00
場 所:わじまの里(輪島市観音町)
会 費:2,000円 + おつまみ(各自、自慢の品々を用意。)
 1.開会
 2.会長挨拶
 3.報告事項
    1.委員会報告(経過報告)
    2.その他
 4.閉会