2001年度
事業計画
 
 
1.新しい能登國の創造
a.能登空港を核とした能登地区の活性化
  ・能登空港の位置付け
  ・能登空港開港によって生まれる、新たなまちづくり
  ・能登空港開港による、既存のまちづくりのパワーアップ
b.行政枠を越えた能登づくり
  ・能登地域としての個性の共有化
  ・能登地域としての総体的魅力の創出
  ・交通ネットワーク、都市基盤整備の効率化
c.能登の発信
  ・新たな能登の魅力、独自性を内外に発信
d.能登國ビジョンの策定
2.会員拡充 仲間づくりを積極的に進め、個人や団体の連携から始まり、
能登地域としての連携を推進していく
3.意識の共有化 a.語り合う場の創出(定例会・懇談会・部会・委員会等の開催)
b.研修会・講演会・イベント等、事業の実施
c.各種資料・報告書等、情報の配布
現状における間直な課題としては、能登空港開港時における、開港イベントの実施が考えられる。このイベントは、能登空港を内外にアピールする上での千載一遇のチャンスであり、このイベントの成功のもたらす意義は大変大きなものがある。また、短期的に見てもこのイベント開催により、最低10万人の集客と10億の経済効果を地域にもたらす規模のものを開催する事で、能登活性化に弾みを付けたい。