会則
 
第1条(名称)
本協議会は、能登國青年協議会《のとのくにせいねんきょうぎかい》(以下「本協議会」という。)と称する。
第2条(目的)
本協議会は、個人、団体の連携を図りながら、住民、行政、その他関連団体が協力して行う能登地区の一体的な地域づくり事業を推進し、活力ある住み良い能登の地域づくりに寄与することを目的とする。
第3条(事業)
本協議会は、その目的達成のため、つぎの事業を行う。
1.能登地域を対象とした一体的な地域づくりを推進する事業

2.能登空港開港に関する事業

3.その他、目的達成に必要な事業

第4条(会員)
本協議会は、本協議会の目的に賛同する青年個人を対象とし、所定の入会申請書の提出により会長が認めた者とする。
第5条(後援団体)
本協議会に後援団体を置く事ができる。
1.後援団体は、本協議会の目的に賛同する団体とする。

2.後援団体は、本協議会の実施する事業に協力するとともに後援団体として団体名を明示する事とする。

第6条(役員)
1.本会に次の役員を置く。
(1)会長   1名

(2)副会長  若干名

(3)幹事   若干名

(4)監査役  若干名

2.会長は、総会において選任する。

3.役員は会長が指名する

4役員の任期は、1年とする。但し、再任を妨げない。

第7条(役員の任務)
1.会長は、本会を代表し、会務を統括する。

2.副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその任務を代行する。

3.幹事は、会長、副会長を補佐し、会務を担当する。

4.監査役は、本協議会の会計を監査する。

第8条(総会)
1.本協議会の総会は、会長が必要に応じて招集し、会長が議長を務める。

2.総会は、本会の重要案件について審議決定する。

3.会長は、必要に応じて、会員以外の者を総会に出席させることができる。

第9条(役員会)
1.本協議会の役員会は、会長が必要に応じ召集し、会長が議長を指名する。

2.役員会は、本会の事業計画を審議決定する。

3.会長は、必要に応じて、会員以外の者を役員会に出席させることができる。

第10条(委員会)
会長は、事業の円滑な運営を図るため、必要に応じて委員会を置くことができることとし、委員長は役員より選任する。
第11条(事務局)
本協議会の庶務事務を処理する事務局を輪島市地内におく。
第12条(会費)
会員は年会費を納入しなければならない。
1.個人会員の年会費は、3,000円とする。但し、会員と生活を同じくする家族の会員は1名に付き1,000円とする。

2.年会費は、入会時に所定の納入方法にて支払うこととする。

3.年度途中の入会における年会費は、全額納入するものとし、中途退会の年会費はいかなる場合も返納しないものとする。

第13条(会計年度)
本会の会計年度は、毎年1月1日から同年12月31日までとする。ただし、初年度は2月18日に始まり、同年12月31日までとする。
第14条(雑則)
この会則に定めるもののほか、本会の運営に必要な事項は、会長が別に定める。
付 則
この会則は、平成13年2月18日から施行する。
 

設立発起人決定書

本会則をもとに趣意書をもって会員の募集を行なう。

本協議会に入会する者は、所定の申込用紙に必要事項を記入し、設立発起人に提出するものとする。

本協議会の事務局を地域づくり団体協同事務所内に置くものとする。