TOPページに戻る
右から会長-幹事長-会計長 跳昇会について・・・

跳昇会は、平成16年に42歳(数え年)の本厄を迎える昭和38年、39年に生まれた男性で構成されています。

輪島では、厄年を迎える同級生の結束をもって神社の祭礼、神事に奉仕する事が伝統となっています。また、その活動は神社行事にとどまることなく、会員家族の冠婚葬祭をはじめ地域社会のあらゆる場面で相互扶助のシステムとしても機能しています。

私たちは、その地域特有のコミュニティを踏襲するとともに、「不惑の年」を節目に「ひと」「ちいき」と自分の良好な関係を築きながら意義ある人生を歩むために跳昇会を結成いたしました。
 跳昇会役員はこちらをクリックしてください
 跳昇会会員はこちらをクリックしてください
 重蔵神社(じゅうぞうじんじゃ)
 重蔵神社は輪島市市街地の海岸にほど近い場所に位置します。目の前を国道249号線が走り、観光名所の朝市やわいち通りなども歩いてすぐの場所にあります。
 重蔵神社は輪島市の河井町2500戸あまりの産砂(うぶすな)神と仰がれ、
その建立は崇神天皇の時代とも伝えられています。重蔵神社は輪島はもとより広く鳳至一郡の総社としても重要な位置を占め、天冬衣命と大国主命を祀った由緒ある神社です。

輪島市河井町わいち4部65番地
TEL 0768-22-0695

重蔵神社 拝殿(豆まき後の清掃) 雪の中の重蔵神社
TOPページに戻る