ちょうしょうかい(跳ね兎に昇り龍)
TOPページに戻る
■ 跳昇会について・・・
右から会長-幹事長-会計長
跳昇会は、平成16年に42歳(数え年)の本厄を迎える昭和38年、39年に生まれた男性で構成されています。

輪島では、厄年を迎える同級生の結束をもって神社の祭礼、神事に奉仕する事が伝統となっています。また、その活動は神社行事にとどまることなく、会員家族の冠婚葬祭をはじめ地域社会のあらゆる場面で相互扶助のシステムとしても機能しています。

私たちは、その地域特有のコミュニティを踏襲するとともに、「不惑の年」を節目に「ひと」「ちいき」と自分の良好な関係を築きながら意義ある人生を歩むために跳昇会を結成いたしました。

 跳昇会役員紹介
跳昇会役員
会長  中浦 政克
筆頭副会長   五嶋 躍治 (総務担当)
副会長   笹谷 孝一 (企画担当)
副会長   谷内 勝彦 (神事担当)
副会長   北野 和彦 (直会担当)
副会長   大下 克司 (装飾担当)
副会長   山吹 隆司 (運行担当)
副会長   小西 長武 (記録広報担当)
幹事長   田中 孝一
会計長   松 茂之
副幹事長   藤井 敏彦
副会計長   坂下 正浩
監査   臼井 晴基
監査   川端 尚人
総務部長   野上 康仁
企画部長   高田 聡
神事部長   余門 晴彦
直会部長   谷川 英彦
装飾部長   山崎 政弘
運行部長   中浦 久広
記録広報部長   安原 俊克

TOPページに戻る