能登國輪島地物市のお店と販売商品の紹介です
(このページは画像が多いので表示に時間がかかります)

中濱与吉屋さんにお願いして「すいぜん」を天突きでついてもらいました。

昔は葛きりのことを「すいぜん」と言ったそうですが、現在「すいぜん」と呼ばれているものは、天草に餅の粉を使って作ったもののことです。
以前は各地に「すいぜん」がありましたが、今では輪島にしか残っていない郷土の味です。
ツルンとしたその上品な味わいは絶品です。ぜひご賞味くださ

■10/25に販売されていた商品の一部を紹介します。
いかの塩辛 地野菜 ひょうたん 地元産の新米
うつわ・小物 干物 ふき水煮 地元産の新米
山菜おこわ 天然塩 みたらし団子 地元産の新米
地野菜 みそづけ きのこごはん
きのこの塩漬け 干物 深層水のクリーナー 小鯛の甘露煮
地野菜 やまぶどう 漆器 山菜ごはん
※写真下の商品名は参考名で正式名称ではありません

(撮影:2002/10/25)

販売商品については予告なしに変更になる場合があります。
また数量に限りがありますので品切れの際はご容赦願います。