地物市で見つけた逸品の画像集


春の訪れとともに人も商品も増えてきました。能登國輪島地物市は地物にこだわっているので季節を感じさせてくれる商品でいっぱいです。

4/10は特別イベントとして輪島きりこ太鼓の実演がありました。 ひとごみが去った後決めのポーズをとってもらいました。 大勢の人で賑わう輪島地物市、会場までの太鼓の移動も一苦労です。
すっかり定着した輪島地物市、遠くからも大勢来ていただいています。 名前は忘れてしまいましたが、可憐な花が咲いていました。(鉢植え) 能登といえば海産物の宝庫。ここは干物屋さん、もちろん自家製です。
能登の春を飾る花です。見るだけでも心の中が癒されますよ。 天然木のベンチです。どこに置こうか迷ってしまいそうですね。 漆塗りのぐい飲みとジョッキです。軽くて使いやすいですよ。
「めかぶ」はわかめの根です。健康にも良いのですよ。 輪島塗のブローチです。小物にも伝統の技がいきています。 輪島地物市ではゆっくり商品を見て選んでいただけます。
干物がずらりと並んでいます。新鮮な魚で作っています。 何にしようか・・・どれをとっても「おいしそう」なので迷っているみたいですね。 これはイカの干物。ちなみに石川県の夏の魚はイカです。
これからは山菜のおいしい季節です。店頭にもきゃらぶきが並び始めました。 しいたけです。能登には海もあれば山もあります。 能登の葉わさびです。緑がとっても綺麗でした。