地物市で見つけた、おいしいもの・いいもの紹介

■新酒の季節です。今年の酒は例年にも増しておいしく仕上がったそうです。店頭にも並び始めました。 ■まだまだ、寒い日が続きますが晴れ間に差し込む陽の光は、一日一日暖かくなってきました。 ■これってなんだか分かりますか?正解は「アンコウ」をお腹から見た状態です。切り身じゃなく丸々一匹で販売しています。
■生かじめ(海藻)。粕汁や味噌汁に入れると、鮮やかな緑色になり、とろみも少しでます。 ■今夜のおかずは何にしようかしら・・・。地元のおいしい物を販売している地物市。ちょっと覗いてみませんか? ■鮭弁当。ちょっとお腹のすいた方はどうぞ!ボリューム・味とも申し分なしですよ。自家製の限定品につき売り切れ御免。
■たら鍋セット 1,500円
たら鍋セットです。市役所の近くで料理屋さんを営んでいる大将が目利きした新鮮な「たら」です。
■雪割り草 200円
春はちゃんとやって来てます。よーくよーく見ると「つぼみ」がついているんですよ。見えないかなぁ・・・。
■その他
素朴な雰囲気と、もうすぐひなまつりだなぁと思いながら撮影しました。ほっとする可愛さがいいですよね。
■出世魚「ぶり」の子供「ふくらぎ(福来)」大きさは〜2kgまで。 ■能登産の木を使った手作り工芸品。心地好い木の香りが広がります。 ■年始らしい雰囲気ですね。竹の緑がとっても映えていました。
■能登の水が育んだ生わさびです。風味がとっても良いですよ。 ■冬の甘味の代表「水羊羹」、北陸では冬が旬の食べ物です。 ■珠洲真浦海岸で採れた天然岩のり(貴重品です)
■特別イベントとして「餅つき」が行われました。もちろん地元のもち米使用です! ■最近では少なくなった「生くじら肉」のすき焼セットです。 ■能登の自然の中で生まれた鉢植えの山野草も販売されています。
■この日は雪がちらつきました。冬の食べ物はこれからが「旬」です。 ■手作りのお正月飾りです。ひとつひとつに心がこもっています。 ■とれたての生イカがケースで販売されていました。さすが港町!
■輪島の新しい顔としてすっかり定着した地物市。遠くからありがとうございます。 ■「輪島塗」のオリジナル商品がリーズナブルな価格で販売されています。 ■海山の幸はもちろん懐かしい手作り木工品もありますよ。