Figure

新甫実商店 (2/3)

うまみを引き出す名脇役のいしる。

「食べてみる~?」。 おかみさんが焼いてくれた、いしる干しのサバ。そのおいしいこと。びっくりです。ほのかにいしるのかおりして、魚の臭みを感じません。いしるの自己主張はなく、魚のうまみを引き出す名脇役になっているではありませんか。


アジ、サバ、カレイなどの魚は、イワシから作ったいしるで、イカだけは、イカのいしるで漬けています。いしるの濃度や漬け込み時間の加減がうまさの秘訣といいます。


いしる干しは、新甫実商店のおいしいものへの探究心と熟練技の結晶です。



 

← 戻る(1/3) | 次へ(3/3) →