Figure

坂本漆器店 (2/3)

うるしのやさしい口当たり。

輪島塗を知るには、まず触れてみることからはじめてみませんか。足休めもかねて、店内でうるしのコーヒーカップでコーヒーはいかがでしょう。うるしのやさしい口当たりを感じるはず。


すてきなデザインの、このコーヒーカップ。形から取っ手の位置にいたる細かなとこまで職人さんと話し合いながら作りました。激しく意見をぶつけ合ったときもあるそうです。ものづくりに対するこだわりと心意気。両者とも安易な妥協はありません。


漆器は使い込むと、つやがでるといいます。うるしの魅力を最終的に引き出すのは、使う人なのですね。

 

 

← 戻る(1/3) | 次へ(3/3) →